• ファイルメーカーとは

    ファイルメーカーとはFileMaker社が開発しているデータベースソフトです。
    ちなみに、データベースとはデータを収納する箱で、イメージとしては、エクセルの表をいくつもまとめた状態と思ってください。

    ちなみに「リレーショナルデータベース」という言葉を聞いた事があるかもしれませ。



    これは、それぞれのデータを関係させる事によって、データをいろいろな形で表示させることです。

    ファイルメーカーはリレーショナルデータベースです。データベースソフトとは、基本的にデータを検索し、出力させるソフトです。(もちろん入力もしますが、使うユーザーは検索して取り出す作業です。


    )データベースは他にもあります。代表的なものは、MySQL、SQLServer、OracleDBが有名です。
    ではファイルメーカーとの違いは何でしょうか。代表的なデータベースを使って独自の検索画面、見積書などを作ろうとすると、別のインターフェイスやプログラミング言語が必要になります。
    つまり、データの入力、検索、出力に加え、別のプログラムも理解しなければなりません。
    一方ファイルメーカーにはプログラミングの知識は要らず、インターフェイスや処理をおこなうツールや、テンプレートがあります。



    プログラミングの経験がなくても、自分たちの使いやすいようにカスタム出来るデータベースソフトです。

    ファイルメーカーの情報収集がもっと楽になります。

    商品管理や、顧客管理のデータベースを入れたいけれど、人材や予算が心配な企業は初心者に優しいファイルメーカーを入れるのも検討して良いかもしれません。