• ファイルメーカーを使う理由

    ファイルメーカーはデータベースアプリケーションを作るプラットフォームとして利用されますが、他のプラットフォームと違ってプログラムに詳しくない方でも使えるようにさまざまな工夫がされています。
    そのため、1ヶ月程度かかる案件も数日から1週間程度で作成できた事例も多数あります。

    ファイルメーカーが最近こちらで話題になりました。

    ファイルメーカーが優れている点はクロスプラットフォームを考慮しながらも1つの環境で作れることです。


    もともとMac対応から始まった環境ですが、Windowsに対応し、iphone、ipad、Webと対応プラットフォームを拡大してきています。


    しかし、ファイルメーカーの開発環境は伝統を重んじながらも使いやすく改良が続けられ、1つの作成したアプリケーションが他の環境でも修正無しで動く環境が作られています。しかも、それぞれはネットワークで接続できますからどのような規模のアプリケーションでも対応可能となっています。



    開発環境はデータベースを使っているんだと思わせない工夫が沢山あり、UIで作成できるアプリケーションの幅が広がっています。



    データベースを使うとなると、ベンダーロックインが怖いところですが、ドライバが優れており、さまざまなデータベースに簡単に繋げられ、また、データ重視の作成が可能なので難しい構造処理などを考えずにやりたいこと、欲しい機能に集中することができます。作成は専門家である必要はありません。トレーニングも少ない時間で達成できるので誰でも使える環境となっています。